le point fleuri  ル・ポワン・フルーリ bouquet sec 葉のドライ コンポジション 本文へジャンプ
ドライマテリアルで作るアールフローラル


テーマ   non sect radical        ↑ストーム
市販のドライ マテリアルを使用           中央は バナナの葉
                          スチールグラスのドライ

葉モダン・生花のレッスン後 丈夫な葉は是非ともドライにしましょう。

バラをドライにするときは 下向けに下げて吊しますが,葉はそのまま、
吊さずにそのままで乾かします。ゆらゆらしているガマの葉などは好都合。
ハランなど丸めて使用した葉は丸めたまま。

湿気が多いお部屋は避けましょう。直射日光がさす部屋の方が向いています。

春から夏にかけて、3ヶ月はかかります。 途中で捨てたくなるような状態に
なったりもしますが それを過ぎると見事に乾きます。

秋から冬場はカビが発生しやすいですが、スチールグラス、ベアグラスなどは
大丈夫です。

ドライにして、さらにアート感が増すと作品力アップ。

作品例



カラタチと
縞ハランのドライ
+モンステラ チョコレート色の
グラデーション

秋の樫の葉
とくさのモンタージュ



ニューサイラン、バショウ使用




ニューサイラン
スチールグラス,アレカヤシ
モンステラ使用。



タイサンボク
ニューサイラン
サヤ ⇒これは市販
ガマ
ヒマワリ⇒花びらはすでに枯れたので
      抜いています。

トクサ ドライ
とフレッシュグリーンとのコラボ

ハラン ガマ ヒマワリ
ガマの葉 フレッシュ




リビストニア
スチールグラス

バショウの葉
モンステラ