西洋上絵付けとは。。。

ヨーロッパで始まった陶磁器に絵を描き、焼成する芸術です。当教室は上絵付け、すなわち、できあがった陶器は磁器に絵を描きます。

描き方は大別すると、ヨーロピアン画法とアメリカン画法がありま す。
有名なドイツのマイセンを発祥のヨーロピアン画法、そして
フランスのセーブルはその脈を受け継いでいます。

アメリカン画法は平筆使用した 大きなモチーフが特徴です。
現在では平筆が主流ですがもちろん丸筆も使用。

 基本のストローク練習から様々なテクニックへと、奥深い筆の世 界にきっと感動です。 どちらから始めてもOK
 練習日: 毎月 月曜日午後 2時間
      そ の他 随時開催
 会場  : 自宅(中野中央3)
 参加費: まずは、
体験レッスン3000円 からどうぞ
            白磁  : カップ200円〜練習用割安品
                   が揃っています。
 道具  : 最初はすべて無料貸し出しします。
 焼成代 : 100円〜500円

https://www.bouquetvert.com/西洋上絵付けpeinture-sur-porcelaine/
↑詳細はこちらをクリック
   作品集などを掲載しています。

手描き食器の魅力。。。

初めてその魅力に触れたのは、パリ在住中、息子(当時小2)のお友達のお宅のdejeunerに招かれたときのことです。美しくセットされた幅の広い楕円型テーブル中央に、ご自分で絵付けされた、可愛い磁器製のバターケース,塩、コショー入れが置かれていました。モチーフはヨーロピアン小花、まるで軽やかに蝶々が飛んでいるかのような作品でした。この3点は当然その日の話題の中心で、しかも、こんなにも手描きの食器で気持ちが温かくなるものだとは。。。
この日から、先生探しが始まり、7区の素晴らしい先生と出会ったのです。そこで仕上げたマイセン風の6客のリモージュ焼きのコーヒーセットは今でも宝物です。

東京原宿には。。。

帰国後、設立されて間もない陶画舎を知り入学しました。
平筆のアメリカン画法に四苦八苦しながら(葉っぱのストローク)、さまざまなスタイルを習得させて頂き、これも日本ならではの幸せです。
まだまだ学ぶことは山ほど有る身では有りますが、何よりも好きなお花を描く喜びを大切に、原宿陶画舎のエキスパートとして今後も活動して参ります。


















 porcelain art 西洋上絵付け・手描き絵付け
本文へジャンプ